» 審査についてのブログ記事

キャッシングの審査では一体どのようなことが行われるのでしょうか?

お金を貸すからにはその人がきちんとお金を返してくれないと銀行や消費者金融会社も困ってしまいます。

お金を返すことの出来る人かどうか判断するために属性審査、信用情報審査、書類確認、在籍確認などの審査を行う必要があります。

属性審査とは年齢や性別、勤務先や家族構成などの申込者自身の情報のことを指します。

一番初めに見られるのがこの属性です。

信用情報審査とはクレジットカードやローンの利用履歴を調べるのことを指します。

色んなところから借入をしていないか、滞りなく毎月返済されているかなどを信用情報機関を通して申込者の信用情報をチェックします。

書類確認とは申込者により出された運転免許証などの本人確認書類や源泉徴収票などの収入証明書と、申込の際に申告した内容との間に虚偽がないかの確認です。

在籍確認とは申込者の勤務先に電話をかけて、申込者が実際に在籍しているのかを確かめます。

これらの審査をクリアすることによってキャッシングをすることが可能になります。

当たり前ですがお金を借りるということはきちんと返さなければなりません。

キャッシングには返済能力の証明が求められるのです。

ちょっとお金を借りたいと思い消費者金融のキャッシングに申し込んでみました。審査に落ちるかも知れないと少し心配でしたが借りられることになりました。利用限度額は10万円という制限は付いていましたが借りたいと思っていた金額はその半分程度だったので私には問題ありませんでした。

消費者金融を利用する前、私は消費者金融と契約を結べばお金を幾らでもお金を借りられるものだと思っていましが実際には違っていました。まず消費者金融には総量規制というものがあります。総量規制によって消費者金融から借りられる金額は年収の3分の1までと決められているのです。私はパートで働いているのですが年収は180万円くらいです。

ですから総量規制により私が消費者金融から借りられるのは60万円までとなります。ひとつの消費者金融会社から60万円ではなくて複数の消費者金融会社に渡って60万円ということになりますので気を付ける必要があります。だからといって60万円をそのまま借りられるわけではありません。消費者金融会社が個別に設定している利用限度額があるからです。

これは利用者の信用度合よにって変わってくるようです。私のように非正規雇用者で年収が180円程度ですと利用限度額は10万円くらいになることが多いようです。正社員として在籍年数が長く年収も多い方の利用限度額はもっと多くなるはずです。利用限度額では足りないという方は総量規制内で他の消費者金融に申し込むのが良いのだと思います。総量規制や利用限度額があるのは借り過ぎを防ぐことになるので私は良い規制なのではないかと思っています。

キャッシングでは、お金を無限に借りられる訳ではありません。

それぞれの業者によって融資限度額が定められています。

しかし、誰でも業者の定めている最高限度額を借りられる訳ではありません。

個人の年収などの項目審査により、一人一人キャッシングの限度額は異なっているのです。

一般的には、今までの信用情報に問題がなければ、年収が高い程に限度額も高く設定されるものです。

また問題はなくても、年収が低い場合は、限度額額は低いことがほとんどです。

限度額は、返済能力を考慮して決められていると言えます。

ただ、この限度額はずっと増えないのかと言うとそうではありません。

増額申込みを行う事によって限度額を引き上げる事も可能なのです。

しかし、増額申込みをしたからといって必ずしも限度額がアップする訳ではありません。

増額申込みをした後で、業者側による審査が行われます。

その審査に通って初めて限度額を引き上げられるのです。

増額の為の審査は、年収や今までの借り入れや返済状況、契約年数などが対象となります。

言わなくても分かると思いますが、毎月きちんと返済をしていたり、年収が揚がっている場合などは審査に通る確率が高くなると言えるでしょう。

また他社からの借り入れや返済状況も影響しますから、増額申込みをした業者への返済だけきちんとしていても駄目なのです。

中には、業者側から増額案内のハガキが届く場合もありますが、この場合も100%増額申込みが通る訳ではありません。

しかし、通常よりも限度額が上がる可能性は高いと言えます。

また、増額申込みをする前に考えておきたいのは、総量規制についてです。

年収の3分の1より多い額の融資を消費者金融から受ける事は出来ませんから、それを越えた限度額のアップは見込めません。

ただし、総量規制の対象外である銀行の場合は、年収の3分の1以上のアップも可能です。

増額申込みをして審査に通れば、何かあった時に借りられるお金が増え、心に余裕を持つ事が出来ます。

借り入れの数を増やす前に、増額申込みにチャレンジしてみるのもオススメです。

098052キャッシングやカードローンなど、お金を借りる時に避けられない過程として「審査」があります。

審査は会社にとって、申込者がお金を貸すのに値するかどうかを、収入や正社員やパート、アルバイトなどの勤務形態、大企業か中小企業か、公務員かなど勤務先などの情報を総合的に判断して決めるものです。

例えば、消費者金融の多くの会社が「安定した収入があること」を要件にしている一方で、「パート、アルバイトも可」としているように、会社によってどこまで借りたお金が返済されないリスクを負えるかという点で貸付対象者の審査基準を設けています。

一般的に銀行の規模が小さくなるほど審査がゆるくなる傾向にあり、消費者金融においても銀行より審査がゆるく、規模が小さくなるほど審査がゆるくなるようです。

もし、銀行系のカードローンで審査落ちした人でも、消費者金融のキャッシングを受ける可能性はあると言えます。

審査基準の中で貸す側が最も重要視するものは一体何なのかというと、「返済を確実にできる人」になります。
具体的には安定して収入が得られるか、という点を特に重視していると言えます。

例え今年の年収が1000万円あっても、次の年年収が100万円になってしまうような人に対してまとまったお金を貸すのはリスクが高いと言えます。
逆に言うと、多少年収が少なくても、継続して仕事をしていたり、安定した職業についている人はリスクが低く、お金を貸したい人ということができます。

このように審査とは、貸付対象者かどうか見極めるもので、会社によって基準が異なるので、一社審査落ちしてしまっても、別の会社に申し込めば審査が通る可能性は十分あります。

無人契約機でお金を借りる
http://mujinki.syanari.com/

ジムの女性キャッシングを利用するには当然ですが、審査があります。
ただ、一口にキャッシングと言っても金利や返済方法など貸し出し条件は様々です。

できれば、なるべく安い金利で条件のいい会社で借りたいと思うのは当然だと思います。

キャッシングは一般的にはフリーローンに属していて使い道は自由なのですが、
金利はほかの目的が限定されるローンと比較すると高い傾向にあります。

その上で条件のいい会社や種類を選んでいくことになります。

まず比較するのは貸し出し金利になると思いますが、
ほとんどの場合に金利に幅があります。○○%~○○%という表記になっています。

これは、融資金額や審査の内容によって変わってくるのですが、
初めて利用する場合は上限金利が適用されることが多いので注意が必要です。

金利である程度絞ったら、あとは返済方法のバリエーションを確認しましょう。

一括で返せるなら別ですが、
毎月返済していくことになるので自分が返済しやすい方法があるかどうかをチェックします。

あとはなるべくお試し診断などでどのくらいの条件なら借りれるかどうかを調べてみるのもいいと思います。

審査のことや返済のことはココのサイトがわかりやすいです。
参考までに。

013260キャッシングなどの借り入れに対して総量規制が適用されるようになって久しいですが、
実は、この総量規制によってキャッシングの審査は比較的簡単になったと言われています。

というのも、総量規制によって年収の3分の1までに融資の総額が制限されました。
それに引っかかる場合は、まず融資されません。

総量規制内であれば毎月の返済も比較的余裕をもってできると思われるので
各会社の審査基準をクリアすることも多いようです。

審査では、融資した資金がちゃんと回収できるかどうからというのをみられています。

ただ、以前に比べると融資の額自体は若干少なくなっているようではあります。

これによって収入さえある程度安定していれば借りやすくなったとも言えます。

004861簡単な手続きでお金を借りることができるキャッシングですが、
家族や周りの人にバレるのが嫌だという人も多いようです。

そこでネックになるのが在籍確認のようです。

基本的にお金を借りるには、安定した収入があることが必須になりすので、
勤務先にちゃんと務めているかどうかというのは大切なポイントになります。

ところが、在籍確認の方法は電話連絡が一般的なので、もしかしたらバレるのでは?と考えてしまうようです。

もちろん確認は個人名で行われるので、直接バレることはないのですが、
少人数の会社や部署だとやっぱり怪しいと思われてしまうかもしれません。

在籍確認は必須なので、避けては通れないのですが、いくつか方法はあります。

まず一つは、クレジットカードを申し込んだので確認の電話が入るというのを伝えておくことです。
キャッシングと比べると伝えてやすいと思います。

あとは、会社に在籍していて安定した収入があることを証明してしまう方法です。
源泉徴収票や給与明細を提出すると電話による確認をしない業者もあります。

このあたりは業者によって対応が違いますので確認してみましょう。

007608思い立ったらすぐに行動にうつしたい。
すぐに旅に出たいのですがお金がありません(笑)。

だからプロミスでキャッシングをしました。

一番の悩みは・・・満足しているいつでも旅に出る予定を組めるアルバイト生活という現状でした。
アルバイトでは審査に通らないのではないかと思っていたからです。

ところが、全員ではないのでしょうが、運良く免許証と社会保険証と給与明細の提出だけで審査に通りキャッシングできたのです。

審査は書類の提出だけで済みました。
担当者と面談をしたり会社に呼ばれることもありませんでした。

審査とは信用個人情報と言うデータベースをチェックすることのようです。
クレジットカードやローンの経験があるだけで審査に落ちてしまうこともあるようなので、
利用歴ゼロな私の情報が加点になったのでしょうか。

なんにしてもアルバイトの方でキャッシングを希望される方がいましたら、
悩まずに申し込みしてみた方がよいと思います。

baito働く環境や雇用形態は、昔に比べると多様化してきています。
正規社員だけではなくアルバイトや派遣社員などの雇用形態を選ぶ人が増えています。

正規社員になれないからという理由だけでなくプライベートの時間を有意義にするために、
パートや派遣を選択している人もいるようです。

キャッシングを利用したいと思う人のなかにも正規社員以外の人もいると思います。

キャッシング会社の利用基準には、大抵、という条件が入ります。

派遣やアルバイトの場合、時間給や日給などで報酬は決まっていても、
いつ解雇されるかわからない状態にあるのは確かです。

そのために、アルバイトや派遣社員では審査に通らないのでは?
と思う人もいるかもしれません。

でも、実はアルバイトや派遣社員でも大丈夫なんです。

審査の申し込み時に、パートやアルバイト又は、派遣など雇用形態を聞かれることはないそうです。

キャッシング業者が確認するのは、
申し込み時に申告のあった職場にちゃんと在籍しているかどうかということなんです。

また収入についても、基本的には自己申告のみです。

ただ、借り入れ希望額が50万円を超えるなど高額になる場合は、
収入証明などの書類の提出を求められることもあるようです。