キャッシングを上手く日常生活に溶け込ませるコツは、お金を借りていることを「目立たない」ようにすることです。

具体的には、返済日のことを忘れて、自動的に返済が行われているようにするとか、リボ払いにして返済額を一定にするなど、
返済に関してストレスに感じるような物事を排除するということが重要になります。

やはりキャッシングは便利な反面、こうした返済に対する期日をしっかり守らないといけないという、ある種のプレッシャーがついて回るものです。

もちろん、返済を滞らせないという信用がキャッシングの利用の基本になってはいますが、これが過度にプレッシャーになってしまうと、
せっかくの便利なキャッシングの価値が少し薄らいでしまいます。

ですから、返済に関しての考え事をしないために、返済用の口座を独立して作っておいて、金額をある程度たっぷり残しておくなど、
ちょっとした工夫を積み重ねると、だんだんとキャッシングの返済に関するストレスがなくなっていきます。

また、お金がギリギリでキャッシングを利用している人もいるかと思います。そういう場合には無理して一括払いにする必要はなく、
リボ払いにしてゆっくり返済をする方が良いでしょう。

というのは、確かにリボ払いは返済の時間が長くなりますから長期的に考えると返済にかかる金額は高くなります。

しかし、無理に返済をしようとしてかかるストレスの方が日常生活に支障が出てくることが多いため(例えば、たくさんモノを買ったり、食べたりしてしまうなど)、
こうしたお金に関することは、一旦長期的なスパンで返済を考えた方が効率的です。

このリボ払いは、ずっと一定額を返済し続けるというわけではなく、返済の途中で一括払いに変更することもできますし、
任意の金額を増額して返済することもできます。シミュレーションをするとリボ払いが高く見えるかもしれませんが、
返済を早めるなどの工夫をすれば、それほど手数料が高くなることなく、心も穏やかに生活できて便利です。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)