098052キャッシングやカードローンなど、お金を借りる時に避けられない過程として「審査」があります。

審査は会社にとって、申込者がお金を貸すのに値するかどうかを、収入や正社員やパート、アルバイトなどの勤務形態、大企業か中小企業か、公務員かなど勤務先などの情報を総合的に判断して決めるものです。

例えば、消費者金融の多くの会社が「安定した収入があること」を要件にしている一方で、「パート、アルバイトも可」としているように、会社によってどこまで借りたお金が返済されないリスクを負えるかという点で貸付対象者の審査基準を設けています。

一般的に銀行の規模が小さくなるほど審査がゆるくなる傾向にあり、消費者金融においても銀行より審査がゆるく、規模が小さくなるほど審査がゆるくなるようです。

もし、銀行系のカードローンで審査落ちした人でも、消費者金融のキャッシングを受ける可能性はあると言えます。

審査基準の中で貸す側が最も重要視するものは一体何なのかというと、「返済を確実にできる人」になります。
具体的には安定して収入が得られるか、という点を特に重視していると言えます。

例え今年の年収が1000万円あっても、次の年年収が100万円になってしまうような人に対してまとまったお金を貸すのはリスクが高いと言えます。
逆に言うと、多少年収が少なくても、継続して仕事をしていたり、安定した職業についている人はリスクが低く、お金を貸したい人ということができます。

このように審査とは、貸付対象者かどうか見極めるもので、会社によって基準が異なるので、一社審査落ちしてしまっても、別の会社に申し込めば審査が通る可能性は十分あります。

無人契約機でお金を借りる
http://mujinki.syanari.com/

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)